MENU

お知らせ

News

西尾芳彦オフィシャルブログ「メロディラインとBPM。」を更新しました。

2017.3.29 / NEWS

メロディラインとBPM。

2017.3.29 / 塾長BLOG

メロディには最適なテンポがあると思う。

細かい事を言うとBPMが1違うだけで曲の印象ががらっと変わってしまい、あれ?と思えるくらい。

洋楽・邦楽、新旧問わず名曲と言われる楽曲は間違いなくそのテンポが一番しっくりくるはず。

自分で作った曲の場合はテンポをどうするか・・僕はもし迷ったら少し時間帯を変えて聞いてみたりヘッドフォンで聞いてみたりスピーカーから離れて聞いてみたりする。

それでも迷う場合はメロディとしっかり対話してみる。

頭の中を無の状態にして耳を澄ましてみる。

するとメロディラインが自ら「このテンポにしてくれ!」と要求してくる時が必ずある。

その瞬間を逃がさないようにしている。

あとは自分を信じてひたすら祈るしかないのだがこの「自分の基準値」なるものがとてもやっかいで正解があると言えばあるし、ないと言えばないのである。

が、その基準値(強い思い込み)が少しでも狂っていたとしたら何百万回もYouTubeで聴いてもらえなかったかもしれない。

主題歌・挿入歌としてドラマの一番いい場面で流してもらえなかったかもしれない。

いや、そもそも映画やドラマの主題歌に起用してもらえなかったかもしれないと思うと慎重にならざるを得ない。

それほど大切な事。

ではどうやって基準値の精度を高めるか。

良いと思われる楽曲を何百回も聴いていやと言うほどコピーするしかないのである。

間違いなく必ず答えはそこにある。

何度も言うがメロディがテンポを決めると僕は思う。

(例えばアップテンポなら・・

Gavin Deraw のBest I Ever Had

ミディアムアップなら同じくGavin DeGrawのMake A Moveあたりが良いお手本)。

ヴォイスの講師、塾生の皆さん・楽曲分析をする際は是非そのあたりにも神経を注いで勉強して下さい。

よろしくお願いします。

さて次回は作曲する際に特に必要なテクニック(メロディワークや差別化)について・・具体的な楽曲を用いて説明します!。

皆で頑張って勉強していきましょう。

西尾芳彦オフィシャルブログ「ビアンコネロ・ワンマンライブIN 渋谷」を更新しました。

2017.3.19 / NEWS

ビアンコネロ・ワンマンライブIN 渋谷

2017.3.19 / 塾長BLOG

今日は音楽塾ヴォイス福岡校出身のビアンコネロのワンマンライブです。
お客さんは満員。
始まる前から熱気と興奮に包まれています。
僕も久しぶりなので楽しみです。
さっき楽屋でみんなと会った瞬間17年前にタイムスリップして懐かしい雰囲気になりました。
では、天才・古賀たかし率いる3人組ビアンコネロのライブ、これから始まります。

井上実優デビューシングル『Boogie Back』がフジテレビ系アニメ「ドラゴンボール超」EDテーマに決定しました。

2017.3.5 / NEWS

【井上実優】2017年4月19日(水)リリースのメジャーデビューシングル『Boogie Back』が、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」4〜6月度エンディングテーマに決定しました!

詳細はこちらよりご覧ください⬇︎

http://www.inouemiyu.com/information/

エンディングテーマの放送は2017年4月2日からとなっております!
『Boogie Back』の音源の先行試聴も開始されていますので、是非ご視聴ください☆
試聴はこちら>>

井上実優オフィシャルホームページ

 

井上実優2017年4月19日、シングル『Boogie Back』にてメジャーデビューが決定しました。

2017.2.19 / NEWS

【井上実優】2017年4月19日、シングル『Boogie Back』にてメジャーデビューが決定しました!

 

オフィシャルホームページも公開されています。

詳細はこちらより⬇︎

http://www.inouemiyu.com/

 

2010年3月に音楽塾ヴォイス福岡本校に入塾した井上実優、いよいよ今年4月に西尾芳彦塾長プロデュースにてメジャーデビューです!

皆さま、応援よろしくお願い致します。

西尾芳彦オフィシャルブログ「デビューコンベンション。」を更新しました。

2017.2.6 / NEWS

デビューコンベンション。

2017.2.6 / 塾長BLOG

井上実優、デビューに向けていよいよスタートです。

単独でコンベンションが開催できる新人アーティストは最近は殆どいないらしいです。

それだけレコード会社、事務所の期待値が高い証拠です。

2部制でこれから始まる後半戦も会場は業界の方々で満杯。

異様な熱気に包まれてます。

心臓が破裂しそうなくらいバクバクしてきました。

【入塾オーディション】2017年度1期生の受付を開始いたしました。

2017.2.1 / NEWS

2017年度1期生(2017年4月生)【入塾オーディション】の受付を開始いたしました。

[音楽塾ヴォイス]ここでしか学べない事がある !!! 

入塾オーディション応募受付中!

詳しくはこちら

アメリカン・ゴッド・タレント。

2017.1.22 / 塾長BLOG

Calysta Bevier(カリスタ・ベウ゛ィエー)という現在16歳の女の子がアメリカン・ゴッド・タレントというオーディションSeason11に出場し(厳しい審査で有名な)あのサイモン氏からGOLDEN BUZZERSを押された!という動画をYouTubeで観た。


2015年にステージⅢの卵巣癌が見つかり辛い化学療法経験した事で歌へのモチベーションが更に高まったとの事。

彼女の選曲がこれまた声にドンピシャなRachel Plattenの「Fight Song」〓。

以前も紹介しましたがレット・イット・ビーコード進行で作られた名曲です。

やはり歌手の魅力とは「声」、「曲」、「歌い手の背景」はとても大事であると改めて思いました。

彼女の爽やかな笑顔の裏には人生を賭けた壮絶な闘いがあった。

リスナーはそこも含めて彼女の歌に深く感動したのだと思う。

技術も相当高い事は明らかだけどそれ以上に歌に対する真剣な思いが半端なく伝わる表情です。

歌い終わると笑顔ですがそれは決してニヤニヤ、ヘラヘラとは違い、どことなく切なくて爽やかな表情なのです。

たった数分の歌で何万もの人々を感動させる音楽の力。

素晴らしい。是非観て下さい。

1 2 3 4 5 6 18

CATEGORY

RECENT POSTS

ARCHIVES