MENU

塾長BLOG

Nishioyoshihiko

歌どろぼう。

2018.6.23 / 塾長BLOG

youtubeにあのミスチルの名曲、「innocent world」の奥田民生Verが挙がっていた。

コメントには
・最高、鳥肌たった。
・本家よりワイルド。
・やはりこの人は神。
・カッコイイことはなんなのかわかってる人。
・どんな曲でも自分のものにしてしまう歌泥棒・・

など短めな絶賛コメントが目立つ。
人は本当に感動した時は意外と「へぇーとかホー」くらいしか言えないもんだな。
しかしまたこの曲が無茶苦茶いいんだな。
改めて聴くとメロディも歌詞も半端なく、限り無く極限にまで到達した感のある!そんな曲です。
感動の波が次から次に襲ってきて思わずジタバタしてしまう。
落ち着いてなんかいられない。
ハァー、いつかこんな曲作りたいな。頑張ろう。

久々に。

2018.6.22 / 塾長BLOG

少し前に久々にTVを点けたらたまたま流れてきた音楽に耳が釘付けになりまして。

ドラマの宣伝だったと思うけど”たった15秒”で持っていかれました。
気になって調べたら何と!山陰出身のofficial髭男dismという当時インディーズバンドの「ノーダウト」という曲。

ドラマも1話完結で分かりやすかったし毎回凝ったストーリーと後半のどんでん返しが僕の中で中毒性を生んでしまいまして。
こんな面白いTVドラマがまだあったんだ!と神に感謝したいくらいでした。

特筆すべきは何といっても主演の長澤まさみさんの’振り切った感’溢れる演技。
元々力のある役者さんで独特の「間」を持っているという事は知っていたのだけどここまで振り切れたものを見せられたら敵いません。
即、毎週録画予約でセットしました。
そしてエンディングで先の歌が流れるわけですがバッチリハマっていて思わず嫉妬しました。
ご本人達のコメントに「とってもカッコイイ曲に仕上がりました!」とありましたが正にその通り。

ちなみにこの「カッコイイ曲」という評価は人それぞれだとよく言いますが違います。
本当にカッコよくなければカッコイイと言ってはいけないのです。
巷に溢れる似非カッコイイ曲の真反対に位置する髭男の「ノーダウト」。
機会があれば一度聴いてみて下さい。

僕はまだ悔しくて細かく分析していませんがどんなサビなんだろう?とCD買って最後まで聴いてみたら最初から最後まで・Aメロからラストまでアレンジを含めて全部サビでした(しかも絶妙な大人の「間」もちゃんとあった)。
僕には予測不可能な展開だらけで甚だ、けしからん。
いや、J-POPs業界の将来にとってはこれでいいのか。そうか。なるほど。

このバンド、フジの成河広明というPがネット動画やCDショップに入り浸りびたって草の根を分けて探し出し、刹那、”これだ!!”と感じたと。羨ましい。
そんな方々がコラボなんかするから策略通り僕みたいにいろんな事に枯渇を感じ始めている大人にはめっちゃ刺さりました。
虜になってしまいました。
ワクワク・ドキドキしてちゃんと大人の「間を」含んだカッコイイ曲、作りたいです。

yui、Mステ!

2018.5.18 / 塾長BLOG

久しぶりにMステで歌う姿を見た。

やっぱり歌ってる姿、立ち姿がカッコイイな。

普段の柔らかい笑顔もいいけど真剣な姿もいい。

なんか込み上げてくるものがあります。

 

久しぶりに

2018.5.18 / 塾長BLOG

先週何年かぶりにMステで歌うと聞いて以来、秘かに楽しみにしていました。

もうすぐ始まりますね。

バンドでは初か〓。

 

それにしても懐かしい。

デビュー直後に出演させてもらったMステ。

その際に歌った「Feel My soul」・・床に座って歌って大反響。

あれからもう13年も経ったなんて信じられないね。

今日もカッコイイんだろうな。

頑張れyui。

カッコイイ。

2018.4.27 / 塾長BLOG

じゅん子さんブログでロカビリー女子として紹介されている坂牧舞香、滅茶苦茶カッコ良くてびっくりした。

 

楽しそうなのがいいね。

 

アポロキャップとラフな格好も似合ってる。

 

現在大手プロダクションで研修生として頑張ってるけど「出で立ち」を含めこんな音楽じゃダメなの!?と思えるくらい。

 

しかしあれから相当練習したんだろうな。偉いな。

 

微力ながら僕ら応援します。

 

夢よ叶え。

 

緊張してきた。

2018.4.25 / 塾長BLOG

明日は福岡校の生徒さんとのSkypeレッスン。

楽しみ過ぎてあれやこれやと準備と予習してたらあっという間にこんな時間^^;。(AM3:30)

いかん、寝なきゃ。

で、最近じゅん子さんtwitterが熱い。

先日ボランティアで老人ホーム慶福苑に行ってくれた松田さん、田畑さん、佐々木さん。

https://twitter.com/voice_tokyo2009/status/988714561715912706

ちょっとだけ聴ける美空ひばりさんの「愛燐燐」、君たちの頑張りを知ってるからか一瞬で泣けるね。

純粋に人の心に届ける音楽は素晴らしいです。手間隙かけてくれて本当にありがとう。

洋楽アーティスト来日ラッシュ。

2018.4.24 / 塾長BLOG

ご無沙汰していますが皆さんお元気ですか?。
さて昨年のショーンメンデスに始まりブルーノマーズ、エドシーランと超大物アーティストの来日ライブが続いています。
たくさんの生徒さんがパフォーマンスレッスンでカバーしてくれたり通常レッスンでも課題曲として勉強しているので音楽塾ウ゛ォイスにとっても大変馴染みのあるアーティストです。
既にご存知の通り彼らの楽曲は世界中で指示されています。
しかしその影には人の何倍も努力をした痕跡があります。
そのあたりはヴォイス各校のスタッフブログでも紹介されているので省きますが、どの方々も当たり前ですが音楽に対して人一倍真面目。
そして常に向上心を持って血の滲むような努力を重ねてきた結果が今に繋がっていると語られています。
そんな彼らも最初は皆、初心者だったはず。
「音楽が好きだ!」
自分もあんなふうになりたい!」
から始まったはずです(^^)。
塾生の皆さん、そして講師の先生方も一生懸命勉強して少しでも近づけるよう一緒に頑張りましょうね。

気がつけば既に2月

2018.2.10 / 塾長BLOG

何だかバタバタしていたらいつの間にか年が明け気が付けば2月になっていました。

早い、時が過ぎるのが早過ぎる。

 

皆様ご無沙汰しておりますがお元気ですか。

インフルエンザが大流行しているとの事、どうか気をつけてお過ごし下さい。

さてボーッとしてる暇などありません。

いろいろ気になる事がありますが我々裏方である音楽家は何をおいても楽曲分析と勉強と制作!。

これ以外に気を取られてはいけないのです。

生徒さんの悩みに高い付加価値を持って答えられるよう、日々努力する事。

思うようにいかない事が多々あり壁にぶち当たって悩み続けた先にいつも改めてそう思います。

悩みのタネにもなりますが生きる希望である事も確かです。

メジャーデビューを控えたヴォイス生がいい形でスタートラインに立てるように。

大手事務所さんからお預かりしている大切なアーティストの卵さんたちが大きく成長してくれるように。

そして何よりも現ヴォイスの生徒さん達の夢を叶える為に僕らは必死で頑張っていかなければいかんのです!。

良きスタッフに囲まれこんな形で音楽に関わっていられる日々に感謝しつつ。

 

さ、イマジンドラゴンの新しいアルバムでも聴いてしっかり勉強しよう

これ、かなり良いです。ではまた。

20年の軌跡

2017.12.6 / 塾長BLOG

お元気ですか。

早いものでもう12月、師走です。

1年が過ぎるのが異常に早く感じる(-_-;)。

あれもこれもやり残したことだらけのような気がする。

取りあえず新曲の直しを急ごう。

下記の記事はたまたま見つけたもの。

成る程!と感心させられることばかり。

さすがです。

20年前、トリーネレインの「ジャストミストザトレイン」が好きだ!という

のを何かで読んで以来の隠れファン。

 

新聞で見た「15歳の女の子」へ――椎名林檎、ものづくりの根底にあるもの

 

「私ってばブス」と言い続けてきた20年・・凄い。

音楽家・椎名林檎、唯一無二のアーティストです。

長く続くアーティストは音楽に対する思いや情熱がそれこそ半端じゃなく強い。

そして方向性は絶対にブレない。あたり前と言えばあたり前なんだけど実はこれがなかなか難しい。

実際にあっちこっち行ってとッ散らかった挙句に忘れ去られてじわーっとフェイドアウトしていく人がどれほど多い事か。

勉強しよう!

圧巻のパフォーマンス。

2017.11.14 / 塾長BLOG

いつの間にか11月も半ばにさしかかっています。
時が経つの早すぎる。

さてひょんな事から井上陽水の貴重なライブ映像を見つけました。
時は1982年の3月、場所はNHKホール。

https://www.youtube.com/watch?v=PGYFxXnAIMo

35年前の陽水、まるでロックシンガーのようにビッシビシに攻めています。
曲も「夕立」や「闇夜の国から」、「青空ひとりきり」、「マイハウス」「氷の世界」「Happy Birthday」などアッパーなものが多いせいか、かなり熱いです。
というか歌が上手い。
プロなんだから当たり前なんだろうけどズバ抜けてる感じ。
11歳の時に初めて「東へ西へ」を聴いて以来・新聞配達のバイトをしてレコードを買い集めた。
まだギターも弾けないからよく「氷の世界」をアカペラで歌った。
歌詞の意味もよくわからないけど歌ってるだけで大人になった気がしてドキドキした。
ビートルズフリークと知って僕もビートルズを聴くようになった。
よく考えてみたら正統派の男性歌手でこの人より上手い人っていない気がする。
ウーン・・あ、同系列で一人いた。玉置浩二。

ちなみにこのバンドメンバーとコーラスがやたらに上手いと思ったら何とデビュー前の安全地帯だった。
という事はコーラスは?・そう、23歳の玉置浩二だった。
いろいろビックリさせられた。
全然近づけてないけど一歩でも近くにいくようにこれからも必死で頑張ろう。
深くそう思った夜でありました。

1 2 3 4 5 16

CATEGORY

RECENT POSTS

ARCHIVES