MENU

お知らせ

News

「音楽塾ヴォイスSHOWCASE in 原宿ストロボカフェ」 出演者募集!

2018.8.16 / NEWS

ヴォイスライブとは…
音楽塾ヴォイスのレッスンの一環として2000年の第1回から不定期に行われているライブイベントです。
出演者は音楽塾ヴォイスの生徒たち、基本的には関係者の方のみを招待してのライブになります。比較的小規模でのイベントですが、2005年の開催では卒業生筆頭のYUI、絢香が同じステージに立っており、「次世代のアーティストの宝庫」として音楽業界各所からも注目されています。そんな「ヴォイスライブ」ですが、今回は一般のお客様も招待しつつ、ヴォイス外のアーティストの枠を作ることになり
ました。
今は未完成であったとしても大きな可能性を秘めたシンガー / シンガーソングライターの方からの応募をお待ちしています!

< 開始日時 >
日程:2018年11月27日
会場:原宿ストロボカフェ
http://www.strobe-cafe.com/harajuku/
< 応募締切 >
2018年10月10日(当日消印有効)
※合格者の方には10月中を目途に音楽塾ヴォイス事務局よりご連絡させていただきます。
< 応募資格 >
・男女問わず30歳まで、ボーカルのある音楽のみ。その他ジャンル、カバーorオリジナルは問いません。
・ユニット、グループでの応募は可ですが、生ドラムは不可とさせていただいております。
・ノルマ、ギャラはいずれもありません。
・交通費、機材等は自己責任でお願いします。
・芸能プロダクション、音楽出版社、レコード会社等と契約がない方に限ります。
・他音楽スクール等に在籍している方の出演は問題ありません。
※イベント当日は一般のお客様の他、音楽関係者の方も多数来られる予定です。
< 応募方法 >
次の1~3を下記応募先まで郵送ください。メールの添付ファイルでの応募でも結構です。
1、 エントリーシート
2、 写真2点(上半身、全身)
メンバーが複数いる場合は全員分が必要になります。
3、 音源
一般的なラジカセで再生可能な形式のCD-R、メールで送信頂く場合はmp3の形式でお願いします。
Youtubeへのアップロードでも結構です。その場合はページURLをメールにてお送りください。
※注意事項※
・合否に関してのお問い合わせは受け付けておりません。
・ご応募いただいた資料は返却いたしませんので予めご了承ください。
< 応募先、お問合せ窓口 >
音楽塾ヴォイス東京校
Tel:03-6447-2300
Mail: audition@voice-tokyo.com
応募資料郵送先
〒106-0045
東京都港区麻布十番1-7-3 藤原ビルディング5F
音楽塾ヴォイス「ヴォイスライブ出演者オーディション係」宛

2018年度3期生(2018年10月生)【入塾オーディション】開始!!

2018.8.9 / NEWS

2018年度3期生(2018年10月生)【入塾オーディション】の受付を開始いたしました。

[音楽塾ヴォイス]ここでしか学べない事がある !!! 

入塾オーディション応募受付中!

 

詳しくはこちら

塾生日記を更新しました。

2018.8.9 / NEWS

塾生日記を更新しました!

voice生のレッスンの様子、リアルな声を掲載していますので是非ご覧ください♪

 

塾生日記はこちらから!

西尾芳彦オフィシャルブログ「ヴォイス・ショーケースライブ」を更新しました。

2018.7.31 / NEWS

ヴォイス・ショーケースライブ

2018.7.30 / 塾長BLOG

今日は原宿にあるストロボカフェというライブハウスでヴォイスの塾生・九組がパフォーマンスしてくれました。

あくまでもレッスンの一貫としておこなったわけですがやはり臨場感という点ではまた違った緊張感があり、楽しくもありストーリーがあった。

課題はたくさんあるだろうけど全員やりきった。

本当によく頑張った。

18年前に福岡のドリームボートというライブハウスでヴォイスライブ始めて2005年に行ったヴォイスライブではオープニングを務めたビアンコネロが全盛期でその人気と実力にあやかり400枚のチケットは即SOLD OUT。

トリを絢香が飾りゲストがデビューしたてのYUIだった。

皆それぞれか夢を抱えてがむしゃらだった。

今日のライブでその風景を思い出しました。

努力を積み重ねていけば必ず夢を手繰り寄せる事が出来ると信じて。

皆さん、邁進して行きましょう。

今日は本当にお疲れ様でした。

西尾芳彦オフィシャルブログ「タマゲタネ。」を更新しました。

2018.7.14 / NEWS

タマゲタネ。

2018.7.14 / 塾長BLOG

https://www.voiceyougaku.com/courtney-hadwin-agt-golden-buzzer/

2018年の6月に行われたアメリカズ・ゴット・タレントという全米最大級のオーディション番組に「コートニー・ハドウィン」という13歳の少女が出場しゴールデンブザーを獲得したそうです。

その映像を是非見て頂きたい。圧巻と言うか何と言うか驚きと感動で言葉が見つかりません。

彼女はとても大人しい性格で、学校からまっすぐ家に帰り宿題を済ませると歌の練習をし続け、

普段あまり人と話すことも少ないという。そんな彼女がよく聴いているのがジャニス・ジョプリン、

ジェームス・ブラウン(James Brown)、ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)、

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)といったブルースやソウルミュージックであるとのこと。

審査員サイモン・コーウェルは

「なんてことだ、コートニー、出てきたときはあんなに恥ずかしがり屋さんだったのに。歌いだしたらまるでライオンのようだ」

「本当に信じられない、素晴らしいよ」

と語っています。

その他、世界各国の人たちにその映像を何の前情報もなく見せてリアルな反応を見るという映像も上がっているので

そちらも是非見て頂きたい。ほとんどの人が一瞬で驚愕、感嘆し皆が素の表情になり歌い終わった途端に彼女の魅力を饒舌に語りだします。

そして僕もそうでしたがほとんどの人が感動して涙を流します。

またバックで流れるピンクのf*ckin’ perfectがあまりにもはまりすぎていて泣けてきます。

父親と抱き合うシーンでは必ず涙腺が崩壊します。

まるで映画のワンシーンを見ているかのようです。

いい曲というのはこういう事かなと。

 

音楽ってやはり素晴らしい。この時代に生まれて本当に良かった。素直にそう思える自分と

それ以上に日本のメジャーシーン大丈夫かなとチョット心配する自分がいて・・。

 

「お前ごときが何を偉そうに!」というお声が上がるのはごもっともで不快な気持ちになる方がいるというのも

重々承知の上で敢えて少しだけ心の呟きを申すと

「やはり目標となる軸はここらへんにおいておかないとダメだな」

と。

 

ほとんど演出の無い生のステージでわずか1分半の歌唱で世界中の音楽ファンを虜にした13歳。

片やそんな一瞬で世界を魅了する逸材が今の日本で果たして育つのだろうか。

何とかしなきゃ。どうすればよいのか、何が出来るのか。

そうだ!もっと洋楽を勉強しよう。そして若い人たちにその良さを伝えて行こう。

1人でも多くの若者に共感してもらえるようにもっともっと発信力をつけよう。

そう強く思いました。

さ、頑張ろう。

西尾芳彦オフィシャルブログ「歌どろぼう。」を更新しました。

2018.6.23 / NEWS

歌どろぼう。

2018.6.23 / 塾長BLOG

youtubeにあのミスチルの名曲、「innocent world」の奥田民生Verが挙がっていた。

コメントには
・最高、鳥肌たった。
・本家よりワイルド。
・やはりこの人は神。
・カッコイイことはなんなのかわかってる人。
・どんな曲でも自分のものにしてしまう歌泥棒・・

など短めな絶賛コメントが目立つ。
人は本当に感動した時は意外と「へぇーとかホー」くらいしか言えないもんだな。
しかしまたこの曲が無茶苦茶いいんだな。
改めて聴くとメロディも歌詞も半端なく、限り無く極限にまで到達した感のある!そんな曲です。
感動の波が次から次に襲ってきて思わずジタバタしてしまう。
落ち着いてなんかいられない。
ハァー、いつかこんな曲作りたいな。頑張ろう。

西尾芳彦オフィシャルブログ「久々に。」を更新しました。

2018.6.22 / NEWS

1 2 3 4 5 23

CATEGORY

RECENT POSTS

ARCHIVES